表具の知識

日本の表具の歴史は古く、奈良時代より、写経を巻物に仕立てる経師という職業があり、鎌倉時代、中国から多くの仏画や墨跡が中国式の掛け軸様式とともに将来するようになり、掛け軸専門の表具師(ひょうほえし)が生まれます。室町時代に入り、書院建築、茶道文化の発展とともに、日本独自の掛け軸様式(大和表具)が確立されます。

表具

大和表具

大和表具は、大きく、真(ひょうほえ)、行(幢ほえ)、草(輪ほえ)に分類され、真、行は、本紙廻りの一文字の形で、さらに、それぞれ、真、行、草に分類され、草は、行、草に分類されます。は一般的に仏表具と呼ばれるもので、主に宗教的な絵画、書に。は一般に、三段表具とか大和表具と呼ばれるもので、主に日本的な絵画に。は柱を細くした形で、茶人の絵画や書、大徳寺の墨蹟などに用います。一般に茶掛け仕立てと呼ばれるものです。
茶掛け

文人表具

文人表具は一般に袋表具とか、丸表具とか呼ばれるもので、中国的な絵画や書に用いますが、日本的な絵画や、和歌や俳句などでも、本紙の丈が長い場合は用いることがあります。
丸表具

掛け軸の取扱について

掛け軸を広げたときは、折れないように注意して下さい。一度折れたものは、表具を最初から仕直さないと直りません。

掛け軸は仕舞ったままにせず、年に2回は広げて、乾燥させ、状態を確認して下さい。シミや虫食いができた場合は早めに表具師にご相談下さい。